クレジットカード
現金化計画

クレジットカードの現金化には欠かせない還元率の話

クレジットカードの現金化をするにあたり、いろいろなところをチェックしたりすることでしょう。 最も重要なことは何かといえば、還元率にあることは間違いありません。 なぜ、還元率というものが重要なのか、しっかりと考えておかなければ、クレジットカードの現金化をするにしても、マイナスになってしまうこと でしょう。

還元率とは何かといえば、購入した金額に対して、返ってくる現金の割合を指しています。 買取り店にものを売った場合の買取り金額の割合も、還元率と同じと考えることができるでしょう。 つまり、クレジットカードの現金化の根幹にかかわる部分であることがわかるはずです。 この割合が高いか低いかによって、大きな違いが生まれてきます。

単純に10万円で考えてみた場合、還元率が90%ならば9万円の現金になるといえるでしょう。 では、75%ならばどうかといえば、7万5千円になるのであり、その差は1万5千円も付いてしまうことになるのです。 単純なことですが、還元率が高いほど利用者としてはメリットが大きくプラスになるといえます。 一般的な数値を考えるのであれば、だいたい80%前半が平均といわれていますので、このあたりを狙って探してみるといいでしょう。

ここで注意しなければいけないのは、還元率があまりに高い場合です。 たとえば還元率が97%だったとすると、75%に比べて2万2千円も多くなります。 ですが、これが落とし穴になっていることがほとんどなのです。 クレジットカードを扱うためには、手数料を支払わなければいけません。 1%~3%かかるといわれている中、97%という還元率にしてしまうと、利益どころか人件費も出ないでしょう。 こういった還元率は、そもそも成立するものではないのです。 そのため、97%の近くには、最大還元率とか書かれていることがほとんどで、普通に取引している状態では、まず利用することができないように なっています。 よく読まなければ、失敗してしまう典型例だともいえるでしょう。


↑ PAGE TOP