クレジットカード
現金化計画

クレジットカードの現金化における銀行口座の用意

クレジットカードの現金化を行う場合、銀行に振り込んでもらうことになるでしょう。 いろいろな方法がありますが、現金をもらわなければ意味がありませんので、確実なのが振込になるのです。 そのため、事前に銀行口座を作っておくことが大切になりますが、どんなところでもいいわけではありません。 自分が持っている口座だからといって、それを指定すると、思わぬデメリットに見舞われることがあるからです。

なぜ口座を自由に指定することがデメリットになるかといえば、業者としては振込手数料が発生しない方法をとりたいということがあります。 これだけでも経費がかかってしまうことになるため、できるだけ無料で行えるところがいいのです。 一部の銀行口座を指定してくるのは、こうした事情があるからにほかなりません。 逆に振込手数料を引いてもいいからということであれば、対応してくれるところもないわけではありませんが、あまり得策とは言えないでしょう。 口座を用意するほうが確実ですし、損失も抑えることができるからです。

そういった面では、インターネットバンクの口座を用意しておくのも重要なポイントとなってきています。 仮想店舗の一つとして活用されるようになってきているインターネットバンクは、振込手数料がかからないことが多くなってきました。 24時間対応しているものも多く、簡単に振込ができますし、管理もできるのです。 クレジットカードの現金化においても、即日現金振り込みとしているところの多くは、インターネットバンクの口座を必須としています。 インターネットの環境があれば、その場で振り込むこともできるため、機動性の高い方法として利用することができるからです。 その分だけ、還元率を高めても、利益を出しやすい環境になるというのも大きなポイントでしょう。

これから新規での取引を考えるのであれば、大手銀行の口座を複数とインターネットバンクの口座を用意しておいたほうがお得なのです。


↑ PAGE TOP