クレジットカード
現金化計画

いろいろとあるクレジットカードの現金化の方法

クレジットカードの現金化を行っている業者には、いくつかのパターンが存在します。 その中で古くからあるのは、商品を買い取ってもらう方法です。 指定された商品があり、それをクレジットカードで購入するわけですが、購入した商品をさらに買い取ってもらう形で成立します。 指定される商品もいろいろとあり、以前は100円均一で販売されているようなものが大半で、それを発送して返送させることで成立させていたの です。 ですが、時間もかかってしまうことになるため、現在ではEメールタイプのAmazonギフト券にシフトしてきています。 どこに送付するのかを指定するだけで簡単に換金することができ、受け取りも返送もいりません。 そのため、このパターンでの主流となってきているのです。

あまり数は存在しませんが、キャンセル型の方法もあります。 商品を購入し、キャンセルすることで、現金を返金していく方法です。 これは、クレジットカードの取引の隙を突いた方法であり、クレジットカード会社には大変嫌われる方法といってもいいでしょう。 時差をつけることで、クレジットカードは利用され、でも商品は移動しないで、還元率を定めた現金が移動していくのです。 一見合法的に見えますが、架空取引になる可能性が高く、法律的にも違法であると判断されやすいといえます。 クレジットカード会社から、取引停止になることもあるため、リスクの高い方法です。

最も多いのが、キャッシュバック付き商品の購入でしょう。 商品を購入することを条件にキャッシュバックを付与することにあるわけですが、基本として景品表示法に縛られないものであるということがある のです。 安全な方法として考えられていますし、クレジットカード会社にも嫌われにくい方法といえるでしょう。

クレジットカード会社は、買取りやキャンセルの方法をとても嫌います。 商品の取引が架空になりやすいためですので、よく考えて行う必要があるでしょう。


↑ PAGE TOP