クレジットカード
現金化計画

クレジットカードの現金化の扱いは借入れか

クレジットカードの現金化を進める場合、いったいどんな取り扱いになるのかということが重要です。 借入れということになると、総量規制の問題も出てきますので、簡単にはいかなくなってしまうことでしょう。 将来的に住宅ローンを組んだり、マイカーローンを組んだりする場合にも影響が出てきてしまうことも考えられます。 そうなると、現金を作るためにクレジットカードの現金化をする意味合いは薄くなってしまう可能性も出てきてしまうのです。

クレジットカードの現金化をする場合、ショッピング枠しか使っていません。 借入れの様に見えますが、ショッピングなのであって、全く異なる使い方をしているのです。 そのため、審査を受けたりすることもなく利用することができます。 なぜかといえば、一番多い方法となっているのがキャッシュバック付き商品の購入でしょう。 商品をショッピング枠で購入することで、キャッシュバックを受けることができるからです。 キャッシュバックは、借入れではありませんので、還元率を元に受け取ることになります。 もっと簡単に言えば、おまけといってもいいでしょう。 ただし、景品とは異なりますので、問題なく受け取ることができるのです。 もちろん、クレジットカードを作る際には審査を受けなければいけませんが、利用する時には受ける必要がありません。

総量規制ということを考えてみましょう。 多重債務防止のために始まった措置であり、年収の1/3を限度として貸し出すことを基本としています。 例外が決められており、ショッピングや住宅ローン、マイカーローンは対象外とされているのです。 そのため、クレジットカードの現金化は、総量規制の対象とはなりません。 もしも、ほかに借り入れがあり、総量規制に引っかかってしまっているような場合であっても、この方法であれば利用することができるのです。 事前にクレジットカードを作ったりする必要はありますが、制約の少ない方法であることは間違いないでしょう。


↑ PAGE TOP